先輩スタッフの声

先輩スタッフの声

家財整理課

  • 課長
  • 2009年 入社
  • いままでどんな仕事を経験してきましたか?
    初めに就職したのは金融関係の先物取引会社でした。
    1年ほど勤めましたが自分には職種自体が向いていないことがわかり退職。そのあと1年ほどフリーターをしていました。

    次に就職したのはアパレル会社です。
    まず商品管理から始め、工場から届いた服の仕分け、検品・梱包、タグ付け、そして各店舗への出荷作業を行いました。2年間ほど従事し、その間にアパレルの業界について学びました。

    その後、営業部署に移り、新規顧客開拓と既存のお客様に対するルートセールスを10年近く行っていました。
    ところが90年代になると多くの大手アパレルメーカーが業務の縮小や倒産をしていきました。
    その煽りを受け、勤めていた会社も廃業してしまいました。

    そこで取引先で知り合った仲間と一緒にアパレルのネット通販会社を立ち上げましたが、資金的な問題もあり上手くいかず解散。

    そして次の就職先を探しているところ、ネオスタンダードに出会いました。

  • 入社前の仕事選びの軸は?
    直近の仕事がネット通販ということもあり、アパレル関係でネット通販の仕事を探していました。

    ちょうどそのときネオスタンダードが楽天市場にショップを立ち上げるための人材募集をしており、住まいと勤務先が比較的近く通勤圏内だったため面接を受けに行きました。
  • 入社の決め手は?
    何社か面接を受けましたが、一番早く連絡をいただいたのが決め手です。

    ちなみに面接当日の連絡でした。(笑)

  • 現在の仕事内容は?
    家財整理全般の作業とマネージメントです。

    お見積りから、請求関係、現場の指揮監督、車両の手配、そして倉庫作業の指示など、すべての家財整理業務に関わっています。
  • 仕事をする上で大事にしていることは?
    率先して何でも行うことです。

    人は口先だけでは付いてきません。まずは自分が率先して動くことが上に立つ者に必要なことだと考えています。
    また仕事の仕方についても手取り足取り教えるのではなく、自分の仕事ぶりを見ていただき、参考にしてもらえるように動くことを心掛けています。

    あとは当たり前のことですが、売上を上げ利益に結び付けることでしょうか。

    会社が永続するためには利益を出し続ける必要があります。
    その利益の中から私たちのお給料は支払われているという意識を、常に念頭に置きながら仕事をするようにしています。

  • 仕事で実現したいことは?
    家財整理事業は立ち上げから日が浅く、まだしっかりとした基盤が確立させていません。
    まずは安定的な運営・経営ができるようにしていきたいと思っています。

    次のステップとしては、リサイクル専門店を展開していきたいと考えています。
    見て楽しい、買って楽しい、そして売って楽しい、そんなお店を各地に展開し、店舗近隣にお住いの方に還元できたら嬉しいですね。

    そして最後に、将来的に自分たちで市場を開催することで、リユース業界の発展に寄与していきたいと思っています。
  • 仕事で感じたやりがいや感動エピソードを教えてください。
    この仕事の醍醐味は、お金をいただいた上、お客様に喜んでいただけるところです。

    荷物の搬出とお部屋の清掃が終わり、最後の立会いをお願いするとき、ほとんどのケースでお客様から感謝の言葉を頂戴いたします。
    自分のした仕事でお客様に喜んでいただける。こんな幸せなことはありません。

    感動エピソードとしては、亡くなられたお父様の遺品整理をさせていただいたときのことです。

    寝室の押入れの奥に木箱があり、その中には今回ご依頼されたお嬢様が幼い頃に描いたご両親様の似顔絵が保管されていました。
    お嬢様はもともとお父様との折り合いが悪く、成人してからは疎遠気味だったとのこと。
    しかし自分が描いた似顔絵が大切に保管されていたことに対して、今更ながらご自身がとても愛されていたことに気付いたと涙ながらにお話しされていました

  • この会社の社員はどんな人?
    とても努力家で頑張り屋さんが多いと思います。

    それと協力的な人が多いいです。
    荷物の搬出が遅くなってしまうようなときも、文句ひとつ言わず最後まで丁寧な仕事をしてくれます。本当にありがたいことだと思っています。
  • 仕事で尊敬する人は?
    向上心のある方です。

    現状に満足せず、常に今より良いものにしようと努力される方です。

    この仕事は分からないことに直面するケースが多く、そのたびに自分で答えを見つける必要があります。分からないことがあれば分かるまで調べる。そして少しでも分からないものを減らす努力をする。
    そんな心構えで日常を過ごしている方を尊敬いたします。

    あとは立場に関係なく同じ立場で話ができる方でしょうか。

    同じ立場で話ができるということは、相手の話すことをしっかりと聞き、理解し、そして相手に伝わるように話すことが必要となります。
    観察力、洞察力、想像力、そして高いコミュニケーション能力が必要となり、それらを兼ね備えた方は素晴らしいと思います。

  • 仕事のどんなところが好きですか?
    私は驚きや発見が大好きなので、このお仕事に携わってからは毎日がとても楽しいものとなりました。

    お客様のお宅に伺いお品物を整理させていただくことは、まるで宝探しをしているようです。
    初めて見るモノ、希少なモノ、そして価値のあるモノに出会うことは大きな喜びであり、この仕事を選んでよかったと実感します。

    あとはいろいろな場所に行けることでしょうか。
    ご当地グルメやその土地の美味しい料理を食べるのが楽しみの一つです。(笑)
  • この会社ならではの魅力は?
    事業自体の可能性と、新規事業に挑んでいく会社の姿勢に魅力を感じています。

    日本は超高齢化社会を迎え、家財整理のメイン業務である生前整理と遺品整理は、今後ますます需要が増える傾向にあります。

    家財整理という事業はビジネスチャンスに溢れており、いち早くこの分野に新規事業として参入した会社の先見性に頭が下がります。
  • 失敗談をひとつ教えてください。
    荷物の搬出をしているときに、誤ってダンボールの底が抜けてしまい、中の食器が落ちて割ってしまったことです。

    以後、大切なお品物を運んでいること肝に銘じて運搬するようにしています。