先輩スタッフの声

先輩スタッフの声

販売事業部

  • 係長
  • 2011年 入社
  • いままでどんな仕事を経験してきましたか?
    某出版社で雑誌の編集全般に携わっていました。

    具体的には、企画を立ち上げ、取材先にアポイントを取り、取材(インタビュー)を行います。その取材内容をもとに記事を作り上げます。できあがった記事は編集し、あらかじめ決められたテンプレートやデザインに落とし込んで、出版できるような形に仕上げていきます。その後、校正・校閲をして間違いがないかチェックしたあと、原稿データを印刷所へ送り印刷物にする。という一連の流れを行っていました。

    実際には複数の企画を同時並行で進めるため、締め切り前は火事場のような慌ただしさでした。
  • 入社前の仕事選びの軸は?
    WEB業界に注目が集まりはじめ、ヤフーオークションや楽天市場をはじめ業界全体が急成長をしていた時期でした。そのため、それまでの紙媒体中心の業界ではなく、成長産業のWEB業界で働いてみたいと日々考えるようになっていました。

    仕事選びの軸というほどではありませんが、今までにやった事がなく、新しいことにチャレンジできる業界・会社に就職したいという希望がありました。
  • 入社の決め手は?
    当時のネオスタンダードはベンチャー企業ということを前面に掲げていて、果敢に新しいことにチャレンジをしていくという社風でした。社長だけでなく面接官も若く、社員が一丸となって、自分たちの会社を大きくしていくという気概に溢れていました。

    この会社なら自分の可能性を試せるのではないか、会社と一緒に自分も成長できるのではないか、と感じたのが入社の決め手です。
  • 現在の仕事内容は?
    販売事業部を任されている立場ですので、事業部全体の収支データの分析をして、そのデータをもとに日々の業務を改善していくのが主な仕事です。その時々の在庫管理状況の把握から、商品フロー・業務のオペレーション・コスト管理などを行っています。

    言葉を変えると、業務の最適化と効率化を図り、事業部の利益を最大化するための調整業務になります。もちろんその中には、一人一人のスタッフが気持ちよく快適に働いていただけるかなどの環境整備も含まれます。まぁ、事業部の便利屋さんですね。(笑)
  • 仕事をする上で大事にしていることは?
    会社の利益を最大限するための努力を大事にしています。

    それは単にコストを抑え作業効率を上げることで利益を出すという問題ではなく、すべての関係者にとってWin-Winの状態を作り出すことを意味します。システムを整え、職場環境を整備していくのが社内的な改善なら、関係する顧客や企業に対して誠実に対応し、双方が喜ぶ関係を作り出すことが社外的な改善だと思っています。

    社内・社外の両輪を、上手く噛み合わせることが企業成長の鍵だ、という認識を持って日々の業務に励んでいます。
  • 仕事で実現したいことは?
    現在のネオスタンダードは企業として成熟期に差し掛かってきて、社内システムはかなり整備されてきました。これからも改善は続けていくつもりですが、個人的には、職場環境をさらにより良いものにしていきたい、という思いがあります。

    「企業は人なり」とは多くの一流ビジネスマンが口にする言葉ですが、働いているスタッフの雰囲気が良い会社は業績も良い会社が多いようです。
    スタッフの満足度・幸福度を高めるために環境整備することで、作業効率と生産性を高め利益に繋げる。それが私の仕事であり、仕事で実現したいことです。

  • 仕事で感じたやりがいや感動エピソードを教えてください。
    自分が採用したスタッフが元気に働いている姿を見ると嬉しいですね。それ以外では業務の相談を受けたり、アドバイスを求められたりと、自分が必要とされていると実感するときにやりがいを感じます。

    感動のエピソードについては、2017年・2018年と連続してヤフオクのベストストアの一つに選ばれ、その授賞式に参加させていただきました。そのときに食べた料理がことのほか美味だったのを覚えています。(笑)

  • この会社の社員はどんな人?
    いわゆる「いい人」が多いと思います。明るく開放的な社風なので、スタッフも同じような雰囲気の人が集まってくるように感じます。

    それと多種多様なモノを扱っているので、何かが好き!という方が多いように感じられます。ブランドが好き、時計が好き、ホビーが好きと、人によって好きなモノが違いますが、好きなものがある、というのが共通しているところだと思います。
  • 仕事で尊敬する人は?
    持論ではありますが、すべての方に尊敬すべき点があると思っています。

    そもそも尊敬するとは、どれだけその人を受け入れられるか、そして、長所や強みをなどの資質を見抜くことができるか、さらには、その人らしく成長発展していくように気遣うことができるか、だと思っていますので、私にとってすべてのスタッフが尊敬する人となります。

    とはいうものの、この業界に入って右も左もわからない私を、辛抱強くご指導くださった諸先輩方には、特に深い感謝と尊敬の念を抱いています。

  • 仕事のどんなところが好きですか?
    常に変化をしているところです。

    もともとベンチャー企業としてスタートして、業界自体も創業期だったため、毎日が新しいことの連続でした。単にルーティン作業をしていればいいのではなく、時代や経済動向など、日々変化する環境に合わせ最適化していくという作業の繰り返しでした。
    新しいことにチャレンジしてみたいと思っていた私には、ぴったりの職場であり仕事でもあります。
  • この会社ならではの魅力は?
    多くのスタッフが思っていることかもしれませんが、やはり多くのモノに接することができることです。さらに、それぞれのジャンルにスペシャリストがいて、その近くで仕事ができることはとても刺激的な体験です。自分が知らなかったこと、想像もできなかった世界を垣間見ることができるのはこの会社ならではの魅力です。

    あとは、この会社には様々な企画が通りやすい風土が培われているように感じます。個々の自由な発想を受け入れる環境があり、自主的に動くことを奨励させているのも魅力の一つだと考えています。
  • 失敗談をひとつ教えてください。
    かつて某証券会社で発注ミスがあり、16分で270億円の損失を出した。というニュースが流れました。規模こそ比較にはなりませんが、過去に高額商品の桁を間違って出品をしてしまったことがありました。

    幸いなことに、早期発見されたため事なきを得ましたが、いま思い出しても冷や汗が出てきます。(笑) 以後、ダブルチェックを徹底しております。