先輩スタッフの声

先輩スタッフの声

買取事業部

  • 店長
  • 2015年 入社
  • いままでどんな仕事を経験してきましたか?
    前職はジュエリー等の宝飾品の販売や営業に携わっていました。過去には飲食業なども経験したりいずれも人と関わり合う接客業、という点が共通しています。きっと私の性に合っているんでしょうね。
  • 入社前の仕事選びの軸は?
    転職時、私は32才でした。年齢的に人生の、ひとつ重要な岐路になるとの認識があり、今まで経験してきた分野とは全く違う、職人のような専門職の道を歩もうか、利点であるこれまでの経歴で勝負すべきかで悩んだ事をよく覚えています。結局は後者を選んだ訳ですが、経験を自分の武器として存分に活かせている現状を考えると、正しい選択だったと思っています。
  • 入社の決め手は?
    この先、長く続ける仕事です。日々楽しみながら仕事ができるかどうかを基に、入社前後に起こる食い違いを、いかに入社以前に補完できるか、が大切と考えておりました。 転職サイトからの情報や、今ではネットでの批評も大きな判断材料になります。その点でネオスタは裏表の無さや、取り繕いのない社風、人材育成に関しての誠実さを感じ取れた事が決め手になりました。
  • 現在の仕事内容は?
    入社4年目、研修から代理店長を経て、現在は寒川店店長を任されています。 買取を通じ、地域の皆様のお役に立てるべく、日々精進しております。数値管理や店舗管理、売上目標達成といった営業面も確かにありますが、何よりも一番大切な、お得意様創造という責任を担っています。
  • 仕事をする上で大事にしていることは?
    月並みな表現かもしれませんが、人と人との繋がりを大切にしています。また常に興味や好奇心を持ち続けるよう心掛けています。「お客様により満足していただくには」の原点だと思うからです。
  • 仕事で実現したいことは?
    実現したいことは沢山あります(笑)。ここで挙げるとすれば、かつて自分が入社の決め手とした社風や誠実さをさらに磨き上げ、現在転職で悩んでいる方へのメッセージになればと考えます。 最近では及ばずながら人材育成にも携わらせていただき、そうした理念やモットーも伝えていきたいです。
  • 仕事で感じたやりがいや感動エピソードを教えてください。
    「ありがとう」「相談してスッキリした」「来てよかった」「また来るね」 日々こうしたお言葉をいただく度に感動し、その都度やりがいを感じています。個別の感動秘話はありすぎてスペースが足りません。
  • この会社の社員はどんな人?
    明るく、屈託がなく、面倒見も良く、他人事にしない人達ばかりです。「おいおい字面がキレイになる様に載せてるだけだろ」、私もそう思ってました。入社するまでは。結果、ガチでした(笑)。
  • 仕事で尊敬する人は?
    私は店舗部門として接客の現場にいますが、それだけでは会社は成り立ちません。商品技術、販路開発、広告宣伝、EC部門、総務、運送課、システム課、時計修理部門 etc。皆一丸となり、会社を盛り上げていこうとする人全てを尊敬しています。
  • 仕事のどんなところが好きですか?
    ご来店いただくお客様によって、どんなお品物が、どんなストーリーが待ち受けているか分かりません。常に新鮮であり、スリリングであり、感動的です。 またそうして経験を重ねる事で、自分自身も人間として成長できている実感が、今までの職種に比べて大きいです。
  • この会社ならではの魅力は?
    自分の長所がどこかで必ず活かされる点です。掘り下げて言えば、それだけ多くの商材を扱い、真贋など知識も責任も必要とされます。また補うべきウィークポイントも明確になる為、苦手分野も克服を余儀なくされます。こう書き出すと厳しい印象ですが、その中で自分の長所が必要とされる場面に必ず出会います。そしてそれが武器として昇華した時、一気に仕事が楽しくなりました。
  • 失敗談をひとつ教えてください。
    社内の食事会でハメを外しすぎてしまった事でしょうか(苦笑)。その際の上長を始め皆様の、海より深く広い懐の大きさに救われました。お恥ずかしい話ですが。ただまあ、何と言いますか、馬鹿やれるのもこの会社の魅力ですよ!(←懲りないヤツ)